日本アイアールの会社案内

 

会社名

(英文社名)

日本アイアール株式会社
(Information Retrieval Japan Inc.)

会社設立

1974年

資本金

3,100万円

本社所在地

〒160-0008 東京都新宿区三栄町25-7
[電話:03-3357-3467(代表)]

事業内容

 

日本アイアール知的財産活用研究所のご紹介

日本アイアールは1990年10月に「知的財産活用研究所」を社内で創設しました。
下記に掲げている内容が、当時の設立「憲章」の抜粋です。20年以上が経った現在でも陳腐化しておりません。

 

「知的財産活用研究所」の発足にあたって

 

 特許は技術防衛の手段でなく利益を生む財産である、という考え方から発生しています……。(中略)
又、国際社会の一員として、知的所有権が企業において極めて重要な役割を果たすことは確実であります。常に訴訟の可能性を念頭においた(特に米国、中国)特許戦略が要求されます。訴訟で会社をつぶさない為に……。
 更に会社はこれまで、権利を取る、守る為の人材(特許マン)を育成してきましたが、情報に知恵をつけ、シーズとニーズを結びつけていくことのできるクリエイティブな人材、………
 この様な課題を研究テーマに選び、研究成果のレポート作成、ツールの開発、さらにはセミナーの開催をもって顧客様との情報交換を目的とする知的財産活用研究所をこのたび発足させました。
 我々の仕事に対する評価は、おそらく5年、10年の年月が必要でしょう。(略)

 

1990年10月

 

知的財産活用研究所が設立された1990年はバブル崩壊の年でした。
「社会は急激に変化する」あわせて会社経営も変われば人の値打ちも変わるという危機感が我々にありました。
視点は組織から個人へシフトされ、個人が持つ知恵(ソフト)が会社に強く求められるようになりました。いまの時代「全てやり尽くした、もうやるものは無い」ということです。消費者の不満を見つけ、それを解決する商品を出せば売れる時代すら、終わりました。
視点を変えることで、市場の常識/業界の常識/自社の常識を打破することが必要です。
それを探索するには情報の活用に知恵をつけるしかありません。

 

知的財産活用研究所の主な活動内容

  • 研究成果のレポート作成
  • セミナーの開催
  • 実践ツールの開発

研究所の代表者

  • 知的財産活用研究所長 矢間 伸次

日本アイアールへのアクセスマップ

日本アイアールの地図

 

近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

TOPページへ戻る