「営業秘密・ノウハウの保護とマネジメント」講座のご紹介

主な受講対象者
  • 技術(研究開発)部門の担当者・マネージャー
  • 営業担当者など
所要時間
  • 応相談
講師
講座概要

日本企業の技術者の移籍、外国企業からの引き抜きなどによって、重要な営業秘密(トレードシークレット)・ノウハウが漏洩する事件は後を絶ちません。多くの企業にとって技術流出によって生じるリスクの大きさは甚大であり、その適切なマネジメントは急務となっています。
この研修は、営業秘密(ノウハウ)を保護・管理していくための課題と対策について解説するとともに、社員の皆様の営業秘密に対する意識向上を図ることを目的としています。
営業秘密の法的保護関係は複雑です。不正競争防止法の理解は必須として、実務上は特許法等の他の法律や、契約・社内規程類等と併せて検討すべき問題が殆どであり、「複合的な知識と対策」が求められます。
そのため、法務・知財部門だけではなく、全社的・部門横断的な取り組みが求められることが多く、社内への正しい啓蒙活動が不可欠です。
是非この研修を活用して、営業秘密の流出リスクに備えてください。

 

レジュメタイトル抜粋
  • 知的財産・知的財産権としての営業秘密
  • 不正競争防止法による営業秘密の保護
  • 営業秘密の「保護」に関する実務的課題(営業秘密の特定/秘密管理性の確保など)
  • 特許出願かノウハウキープかの判断基準
  • 共同研究開発における営業秘密の諸問題
  • 営業秘密・ノウハウと先使用権
  • 基本方針の策定(秘密情報管理規程の制定等)
  • 管理体制・組織
  • ノウハウの管理基準(取扱い基準)に関する検討事項
  • 営業秘密・ノウハウに関する管理規程類の策定と見直し

 

TOPページへ戻る