【eラーニング】技術者のための特許基礎講座Ⅰ

「技術者のための特許基礎講座Ⅰ(出願・中間処理編)」のコンテンツ概要

企業の技術者(研究開発者)が必ず理解しておくべき特許の基本を学習するための講座です。
特許の重要性と、技術者と特許との関わりを理解した上で、特許制度の基礎知識を学べます。
技術者の立場として必要な項目を短時間で習得できるように構成しています。

 

この講座(Ⅰ)は前編として、出願から中間処理、権利化までのプロセスを解説しています。
後編(Ⅱ)も受講すると、特許に関する基礎知識を一通り学べるようになっています。

 

技術者のための特許基礎講座Ⅱ(侵害対応・活用編)の内容についてはこちらをご参照ください。

本コンテンツのねらい
  • 技術者にとってなぜ特許が重要かが分かる。
  • 技術者が知るべき特許の基礎が分かる。
  • 出願から中間処理、権利化までの流れが分かる。
想定受講者
  • 技術者(研究開発者)
講座概要

特許Eラーニング(発明提案)

特許Eラーニング(出願公開前まで)

特許Eラーニング(出願公開前まで)

技術者にとって特許とは?

・こんな技術者では困ります
・知的財産に関する技術者の役割
・特許情報の入手は簡単

 

特許の基礎知識

・特許法がなぜ存在するのか
・発明の定義
・特許となるための要件
  新規性/進歩性/先願など
・発明の種類
・特許を受ける権利について
・職務発明

 

特許を生み出すために

・発明の見つけ方

 

出願から登録まで

・出願書類
  明細書/特許請求の範囲
・出願から登録までの流れ
・出願公開
・審査請求
・拒絶理由通知と対応
・国内優先権
・外国出願について
  パリルート/PCT
・公開されるまでの注意点
・特許査定と権利の発生

 

特許教育用Eラーニングのトップページ

 

 

知的財産学習E-ラーニングのお問合せ窓口

TOPページへ戻る