【eラーニング】知的財産契約入門講座

「知的財産契約入門講座」のコンテンツ概要

特許などの知的財産は、単に「保護」・「管理」するだけではなく、いかに「活用」を図っていくが重要なテーマとなっています。知的財産の活用も含めた「知的財産戦略」を推進していく上で重要となるのが、ライセンス契約をはじめとする様々な「契約」のあり方です。

 

明確な方針や戦略も無いまま、何となく契約書の内容を確認しているようなレベルでは知財戦略の推進など実現できるはずもありません。また、知的財産関連の契約は独占禁止法との関係における注意点も多く、企業コンプライアンスの面からも正しく理解しておくことが重要です。そのため、知財契約に関する基本的な知識については、法務・知財部門の契約実務の担当者だけではなく、事業部門の窓口担当者やのマネージャー等もおさえておくことが望ましいと考えられます。

 

この講座は、知財契約に関わる社員であれば理解しておきたい基本知識を、短時間で一通り習得できるようまとめています。
さらに、内容については知財契約分野の第一人者として長年活躍されている石田正泰氏が監修しており、コンパクトながらも質の高いコンテンツとなっています。

本コンテンツのねらい
  • 知的財産契約の基本がわかる
  • 知的財産契約管理のポイントが分かる
  • 知的財産契約書の基本形式が分かる
  • 法を遵守した知的財産契約書の作成方法が分かる
想定受講者
  • 知財契約に関わる立場にある社員(ライセンス等の窓口担当者、マネージャーなど)
講座概要
知的財産契約とは

Eラーニング_共同研究開発契約

Eラーニング_ライセンス契約

Eラーニング_ライセンサーの管理項目

・知的財産契約の重要性

 

契約の基礎

・契約と契約書
・契約書作文時の注意事項

 

知的財産契約

・知的財産契約の対象
・知的財産契約の種類
・共同研究開発契約
・知的財産譲渡契約
・知的財産ライセンス契約

 

知的財産契約書の作成

・知的財産契約書作成の流れ
・契約書の構成

 

知的財産契約の管理

・ライセンス契約の管理
・ラインセンサーの管理項目
・ラインセンシーの管理項目

 

知的財産契約と独占禁止法

・独禁法の規制対象とライセンス契約
・不公正な取引方法の行為類型
・知財契約関連の具体的ガイドライン
・不公正な取引方法の具体的行為
・契約書の例

 

監修:石田 正泰(青山学院大学特別招聘教授)

 

知財教育Eラーニングのトップページ

 

 

知的財産eラーニング(IPe-L)のお問合せ

TOPページへ戻る