【eラーニング】営業担当者のための知的財産講座

「営業担当者のための知的財産講座」のコンテンツ概要

多くの企業では、製品開発を行う技術者・研究者を知的財産教育の対象としています。
しかし、その技術・製品を顧客に提案し、実際に売る「営業担当者」への知財教育を忘れていませんか?

 

日頃からお客様と密なコミュニケーションを取り、最前線で企業の「顔」となっている営業担当者の存在は、知財戦略的にも重要な役割を担う場合があります。
営業担当者が知的財産という武器をうまく営業活動に取り入れることによるメリットは計り知れません。同時に、知的財産の重要性を理解していないことによる情報漏洩などのリスクは企業に甚大なダメージを与えます。
営業担当者に対する適切な知財教育は、企業にとっての重要事項の一つといっても過言ではないのです。

 

この講座は、「営業担当者」(営業マン・セールス担当)のみに的を絞り、重要性の高いテーマを厳選した画期的な教育コンテンツです。
貴社の営業担当者が、知的財産に関する正しい知識とリーガルマインドを身に付けた上で業務にあたり、よりよい成果を残せるように、手軽に導入できるEラーニングを活用して啓蒙してみませんか?

本コンテンツのねらい
  • (営業担当者としての)知的財産に関する知識の必要性が分かる。
  • 知的財産権の各権利の特徴が分かる。
  • 知的財産を営業ツールとして用いる際のリスクと注意点が分かる。
  • 営業担当者の視点を知財戦略に活かす方法が分かる。
想定受講者
  • 営業担当者(特に技術営業に関わる方)
講座概要
営業担当者と知的財産

営業担当者に知的財産の知識がなぜ必要なのか

営業活動で知財をアピール

営業担当者が展示会で注意すべき知財の注意点

・知的財産権の概要
・なぜ知的財産についての知識が必要か?
・秘匿すべき情報(ノウハウ)について

 

主な知的財産権法

・特許法
・実用新案法
・意匠法
・商標法
・著作権法
・権利侵害への対応

 

知的財産を営業に活かす

・特許取得済をアピールするメリット
・使い方によっては大ヤケド
・これで成功!知財×営業
 ①権利の棚卸し
 ②資料への反映
 ③知財部とタッグ

 

知的財産を守るリスクマネジメント

・秘密管理の重要性
・特許化かノウハウとしての管理か?
・営業秘密と企業秘密
・秘密情報のさまざまな保護方法
・秘密保持契約
・営業担当者が気をつけるべきこと

 

知的財産の保護・活用における営業担当者の強みと役割

・営業担当者は外部との架け橋
・情報を還元することによるメリット
・権利侵害の発見
・開発や権利化の指針に
・ライセンス等の権利活用
・営業戦略(事業戦略)と知的財産の問題をリンク

監修:石田 正泰(青山学院大学特別招聘教授)

 

知財教育用e-Learningのメインページ

 

 

知的財産学習用Eラーニング(IPe-L)のお問合せはこちら

TOPページへ戻る