【eラーニング】これだけは知っておきたい「著作権入門講座」

「著作権入門講座」のコンテンツ概要

身近なコンプライアンス対策として、著作権に対する意識を全社的に高めておくことは重要です。

 

このコンテンツは、学習範囲が膨大になりがちな著作権法や著作権実務に関する情報の中から
企業人としておさえておくべき著作権の基礎知識を厳選し、短時間で習得できるようになっています。

 

一般社員へのコンプライアンス教育の一環として活用できるほか、
広報担当やデザイナーなど、著作物と密接にかかわる社員の知識習得用ツールとしても有効です。

本コンテンツのねらい
  • 著作権がどの様な権利かを理解できる
  • 著作権の種類を理解できる
  • 著作権の侵害行為が分かる
  • 仕事上での著作権の注意点が分かる
想定受講者
  • 一般社員(啓蒙目的)
  • 広報担当、デザイン担当など著作物と密接にかかわる社員
講座概要
著作権とは

著作権Eラーニング(職務著作)

著作権Eラーニング(著作権を侵害するとどうなるか)

著作権Eラーニング(Cマーク表示)

・保護の対象
・無方式主義
・海外における保護
・著作物の具体例
・著作者は誰になるのか
  職務著作/共同著作

 

著作権(著作者の権利)

・著作権(財産権)と著作者人格権
・各権利の内容
・著作権の及ばない範囲

 

著作隣接権

・実演家
・レコード製作者
・放送事業者

 

著作権の活用

・利用許諾(ライセンス)
・著作権の譲渡
・出版権の設定

 

著作権の侵害

・侵害となる行為
・著作権侵害他に対抗する手段
・他人の著作権を侵害したら

 

著作権の保護

・保護期間について
・著作権の登録制度について
・©マークについて

知財学習Eラーニングのトップページ

 

 

知的財産Eラーニング(IPe-L)のお問合せ窓口

TOPページへ戻る